繊維質を摂ろう

野菜やフルーツには繊維質が沢山含まれています。繊維質の主な働きは、腸を刺激して蠕動運動を活性化して便秘を防ぐ、また腸の老廃物を排泄するなどの役割を担っています。腸内環境を整える上で、外せない物であることが分かりますね。食物繊維の中には、水に溶けやすいタイプと、溶けにくいタイプと両方あります。溶けにくいタイプを「不溶性食物繊維」溶けやすいタイプを「水溶性食物繊維」といいます。不溶性食物繊維は、水に溶けないのですが、その分、水分を吸収してかさを増やし、腸を刺激することによって腸をキレイにしますので、腸内環境の整備には欠かせないものなのですが、いかんせんフルーツをジュースにしてしまうとこの不溶性食物繊維が減ってしまうことがあり、思ったような効果が得られない場合もあります。ただし、いくら便秘やダイエットに良いとはいっても、フルーツの中にはかなりかさの多いものもありますし、食べにくいものもあって、ジュースにして気軽に飲めたらよりその摂取の機会も増えそうです。またジュースならフローズンフルーツになっているものも気軽に使えそうです。そのような時には、それぞれの果物の特徴を生かしながら、ミックスしてジュースにするなど、工夫をしてみるといいのかもしれませんね。繊維質を沢山摂取して、健康な腸内環境を目指してみましょう。