体調のために

体の調子を整えるのには、ビタミンやミネラルは不可欠な栄養素です。子供の頃学校の授業で習ったように、タンパク質や炭水化物、脂質だけでは体は上手く働いてくれません。体の調子を整えるのに、これらの三大栄養素だけでは不十分だということです。この三大栄養素にビタミン、ミネラルを加えたものを五大栄養素と呼ぶ事もあります。このビタミン、ミネラルは体の代謝機能を活性化したり、骨や歯、肌の生成に役立つことが分かっています。ですからメインの栄養素を上手くコントロールして、体の隅々にまで栄養価を行き渡らせたり、免疫、抗酸化作用を助けたりする役割があります。私たちが普段考えているよりビタミンやミネラルの働きは、重要なのです。体の調子が悪いとき、夏バテや体のコントロールが上手くいっていない、と思ったら、まずはビタミン、ミネラル不足を考えてみてください。サプリメントやジュースでしっかり摂取しているようでも、実際に体外へすぐに排泄されてしまうビタミンなどもありますから、ビタミン、ミネラルが足りていないのかもしれません。また、三大栄養素だけ食べていれば大丈夫というのは大きな間違いで、それこそ成人病まっしぐらな未来が待っている事でしょう。そのような結果にならない為にも、特に野菜が嫌いな方は、せめてフルーツでビタミン、ミネラルを補給してくださいね。