ジュースにして飲む

フルーツが含む酵素には脂肪やタンパク質を分解するのを助ける働きがありますから、よりこれらの食品と一緒にフルーツを摂ると、それだけ体内で消化、吸収がスムーズにいくことになります。それは体内の細胞が活性化し、エネルギーを消費されやすくすることです。その為にはできれば食前にフルーツを食べる必要があります。また、もし朝時間がない、お食事と一緒に生フルーツを食べる時間的余裕がないと言う方は、フルーツジュースにしてもいいでしょう。今では、市販のフルーツジュースから、ジューススタンド、それから自ら生フルーツで自作ジュースを作ることができます。色々なレシピ、フルーツと野菜の組み合わせなども検索すればすぐに見つけることができますから、美味しい組み合わせには困りません。また、栄養的にもバランスのよいものが多いでしょう。市販のフルーツジュースは加熱処理が施されていたり、繊維質が減っている場合もあるので、できればあまりフルーツの栄養素を壊さない形でそのままジュースで飲む事のできる方法を探した方がよいでしょう。できればジュースは自分で作るのがいいのですが、いまは珍しい南国のフルーツなどを使ったジュースやシェイクがジューススタンドで簡単に手に入れることができますので、忙しいときには、こうしたジューススタンドを利用することもいいでしょう。簡単なビタミン、ミネラルの補給源として、フルーツジュースを毎日の生活に取り入れてみましょう。すこし小腹が空いた時に、また食事のつなぎとしても栄養価が高く、おやつをフルーツジュースにしたら、それだけ美容と健康によさそうですね。